読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

市販の離乳食拒否(生後7ヶ月)

引越しによる離乳食への影響

先日、我が家は引越しをしました。引越し前日までは、私の手作り離乳食を赤子に食べさせました。

引越し当日は、離乳食を中止しました。

引越し翌日に、市販の離乳食を購入しました。しかし色々ドタバタ&私が突発的に体調不良になり、離乳食を食べさせられませんでした。

引越し翌々日に、ようやく市販の離乳食を食べさせられました。

いろいろあって迷う

購入した離乳食は

  • キューピーの瓶入りおかゆ(だし仕立て)
  • 和光堂の緑黄色野菜3種パック(ほうれん草と小松菜・かぼちゃとさつまいも・5種の緑黄色野菜)
  • 和光堂の野菜がゆ

です。私は、たんぱく質・果物を開始していないので、ベタなものにしか手を出せませんでした。

それでも、美味しそうなものがズラリで、あれこれ買いたくなりました。いろんなメーカーからいろんなものが出ていて、便利だなぁと思いました。

何かが違うらしい

最初におかゆと、ほうれん草と小松菜、かぼちゃとさつまいもを与えました。

しかし、全て3口程度が限界でした。悲しいことに、その3口も不味そうに食べていました。なんだか捨てるとき、勿体なくて凹みました。

私の手作り離乳食はモリモリ食べるのに…と思うとちょっと嬉しかったです(なにそれ)。

とりあえずお粥を炊く

そんなこんなで、ダンボールまみれのキッチンでお粥を作りました。食べてくれました。

が、引越し前ほどがっついてない気がします。引越しのストレスを引きずっているのかもしれません。

無理せず、食べられる量から気長にやっていくのみです。

が、早くモリモリ食べに戻ってほしいのが本音です。

考察

市販の離乳食を、初めて購入する時の注意点として

  • あれこれ買わない(食べてくれなかったとき悲惨)

これにつきます。

とりあえず余った購入品は、手作りしたものに加えつつ食べてもらおうと思います。

f:id:castella-tulip:20161222002230p:plain