読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

哺乳瓶&替乳首を追加購入(生後14日目)

哺乳瓶を1本しか持っていない

うちは混合哺育ですが、産前に用意した哺乳瓶は1本だけです。産後、お宮参りや健診の予定が立つようになると、お出かけ用に複数本欲しいと思うようになりました。

ずっと家の中にいても、ミルクを欲しがる間隔が短い時があり、どちらにせよ1本では不都合です。そこで、哺乳瓶1本と替乳首2個を追加購入することになりました。

ブレイン乳首にチャレンジ

1本目と同じで哺乳瓶メーカーはドクターベッタにしました。購入したのは以下の2つです。

 

哺乳瓶の方はアマゾンで送料・税込1820円のものがあったので、そのショップで購入しました(通常価格は税込1836円です)。替乳首は【ベビー、キッズと雑貨のおみせナカヤ(楽天)】で、定形外郵便を選択し送料・税込1198円でした(通常価格は税込993円)。

 ブレイン乳首のクロスカットは新生児に難しい。丸穴はいける。

追加購入した哺乳瓶付属のブレイン乳首(クロスカット)は吸うのが難しく、早々にお蔵入りとなりました。

最初は「せっかく買ったし」と、2分間だけブレイン乳首のクロスカットで吸わせ、その後丸穴スタンダードに付け替えてミルクをあげました。

しかしお腹が空いた状態で、ミルクの出てこない乳首を咥えさせられる赤子…。とても不憫に思えましたし、乳首を付け替えたりするのも面倒でした。

替乳首として購入したブレイン乳首(丸穴)は、問題なく飲めています。そんなこんなで、乳首はスタンダード丸穴とブレイン丸穴を交互に使用しています。

過去の関連記事(哺乳瓶・粉ミルク関係)

f:id:castella-tulip:20160530180902p:plain