妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

バナナにそのまま噛みついて食べるようになる(1歳3ヶ月)

果物摂取状況

0歳時代のせがれは、

バナナが嫌いでした。

というか

フルーツ全般がそんなに

好きではないようで、

ほとんど食べないまま

1歳になりました。

1歳を過ぎてから

ようやくフルーツの美味しさが

分かるようになり、

ここのところは

バナナを毎日1本

食べています。

猿みたいで可愛い

そのバナナですが、

詰め込み食べを

していたため、

適当に輪切りにして

軽く監視しながら

食べさせていました。

皮をむいて

ホイと渡すだけなら

楽なのになぁ~と思いつつ…。

そうこうしていたら

その思いが届いたのか、

皮をむいただけの

バナナを

自分で持って

噛みついて食べるようになりました(祝)。

両手でバナナ持って

ハムハムしていると

お猿さんみたいで

可愛いです。

情報リテラシー

バナナの端には

残留農薬

あるというデマがあり、

バナナの両端を

捨てる方がいらっしゃるようです。

この噂が広まったのは、

とある書籍のモデル実験

(通常あり得ない高濃度薬液に

通常あり得ない長時間バナナを浸漬させる)

から得られた

記事のためのネタが

噂やメディア、Twitter等のSNS

拡散したためと

されています。

問題は、

デマに乗りやすい方は

デマを吹聴してまわったり、

それらしい用語に惑わされる(ポストハーベストとか)

傾向にあることです。

「バナナ 端」で検索すると

科学的根拠を持たない一般人や

ヤバい信念にとり憑かれた発信者が、

一生懸命に

テキトーなことを

しているだけと

良く分かります。

オカルト好きな人って厄介だな(関わりたくない)、

という印象です。

過去の関連記事(バナナ系)  

関連画像

見切り野菜に見るプロの目利き

余り物

私は

良く利用しているスーパーが

3軒あります。

野菜を購入するのは

そのうちの

2店舗なのですが、

どちらも大型店舗なので

行けば必ず

見切り野菜が

ラックに

まとめてあります。

食品ロス

で、

見切り野菜を

買うこともあるのですが、

意外と

使えるものばかりです。

中には

痛んでるな~という

いかにも誰も

買わなさそうな商品だって

ありますが(もう少し早く見切れば良かったのに~)、

陳列から溢れただけじゃない?

というものもあります(こういうのラッキー)。

世の中には

値引きシールを貼られている

商品を

買い物かごに入れるのが

恥ずかしい方も

いるようですが、

私は

そうではない方なので

産地だけ気にして

嬉々として購入します。

見つけた

で、先日

里芋を買いたいな~と

思ってスーパーに出かけました。

見切り野菜コーナーを

見ると、

あるある。

でも、

おなじ里芋なのに

  • 半額品
  • 20%割引品

の2つが存在していました。

見た目・個数は

全く同じです。

私は

半額品を購入しました。

そういうことか

いざ、半額里芋の

調理を開始。

すると!!!

OH!!!!!

見事に半分使えなさそうでした。

カビが生えてるとかじゃ

ないけど、

水っぽい…。

よって半分は捨てることになりました。

そこで思いました。

「この半額っていうのは、

中身がこうだと

目利きしてのことだったんだな

すごい…(シールの貼り間違えだと思っていた私)」

とひたすら

感心。

そして

「20%割引の里芋はどうだったんだろう…

2割廃棄かな。

だとしたら

ますますすごい。

次回は比較してみたい!!」

と一人で

興奮していました。

細かいなぁ

その興奮を夫に

「ちゃんと半分の

価格がついていて

すごいよね、適正価格だよ!!!」

と伝えました。

すると

「え?その考えちょっと

ミスってない?」

と返されました。

夫的には

  • 廃棄50%で価格が50%というと真当な感じだけど
  • 使用できる部分の鮮度は正規品より落ちているはず
  • つまり、使用できる部分も見切り部分と言える
  • よって使用できる部分が50%だからと言って
  • 半額が適正価格とは一概に言えない
  • 半額以上の値引きが適正と思う

ということでした。

まぁ言われてみれば

そうかもしれないけど、

いやでも

すごいわ~プロって。

スーパーって面白い。

関連画像