読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

つかみ食べしない(生後9ヶ月)

離乳食

おさわり

離乳食の際、赤子は下に落ちた食べ物や、食器の中の食べ物は積極的におさわりします。

えぇもうそれはそれは、積極的に…。

なので、これはつかみ食べの傾向にあると思い、つかみ食べをするか実験してみました。

ふいに思い立って

おもむろに私が食べていた 「キャラメルコーン 抹茶ミルク味」を、1つ手渡してみました。

さぁどんな反応を示すか(凝視)。

…受け取った直後に捨てられました。

が、床に転がったキャラメルコーンをつんつんして、いたぶって、つかんで…おぉ~!!ぺろっと舐めた!!

ところで、没収しました。

そして思ったのです。つかみ食べイケる、と。

裏切り

キャラメルコーンの一件で、100000%つかみ食べが出来ると思った私は、

  • 適当に棒状にちぎった食パン
  • スーパーで買った焼きいも少々
  • きっとつかみ食べをするという希望

をのせたプレートを、「どうぞお召し上がりください」と赤子に差し出しました。

結果は惨敗。

遊びまくって終了でした(なんでーーー!!??)。

芋はレレレのおじさんばりにジョイントマットになすりつけられ、無残な姿になりました。

パンはペロリと舐めるだけで、かなり警戒している感じでした(ただのパンよ~)。

ちなみに、パンはひとくち大に細かくしてもだめでした。

いずれも、私が口にはこぶと食べるのになぁ…。

崇高な生き物

つかみ食べですら「できる、すごい」と思わせる状況において、自分が箸を使って食事できるのが、すごくハイレベルなことに思えてきました。

私、自分で食事ができるなんて…すごいかも…と、思えます。

後日談

棒状食パンは、2、3口食べて、その都度ポイ捨てするようになりました。

つかみ食べへの道のりは長い…。

f:id:castella-tulip:20170216233007p:plain