読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

赤子の鼻風邪のお陰で、家事がはかどる(産後8ヶ月)

引きこもり生活

ここのところずっと、寒風のなか毎日毎日、赤子を遊び場やお買い物に連れ出していたせいか、赤子が鼻風邪をひきました。

外に連れ出すにしても、0歳児にはインターバルが必要だと学びました…はい…。

絶対に寒さにやられたんだろう(体が冷えたんだろうなぁ)…と思うと、申し訳ない気分でした。

熱および食欲低下はないものの、くしゃみをすると鼻提灯がプー、咳払いをすると水鼻がブヒャー。

鼻を拭かれるのを嫌がって、常に鼻まわりはカピカピでした。

最初の2日間は、夜中に鼻が詰まって?泣いたりもしました。

それ以降は徐々に水鼻は減ってきていますが、養生のため自宅で過ごしています。

おうちで遊ぼうね

家では一緒に遊んだり、気がそれていればナ、ナント料理ができたり…と、私にとっては棚ぼたラッキーディです(赤子にべったりじゃないと泣いていたので、昼間キッチンに行けない日々が続いていた)。

8ヶ月不安が解消されてきた時期と、バッティングしたのでしょうか。そうだといいなぁ…。

鼻風邪が経日的に下火になっただけでも御の字ですが、昼間に料理や水回りの掃除が完了する素晴らしさ…ありがたや~!!です。

私の自由時間は増え、就寝時間も早くなりました。

今後はこの教訓を活かして

決して、決して、家事はかどりDayを確保したいという下心ばかりではありません。

冬場の赤子の体調管理のためにも、連日のしゃかりき外出は自粛しようと思います。

自分自身、「どっか外に連れ出さなきゃ!!」という軽い強迫観念に支配されていたのは事実です。

刺激を与えなきゃ~って。色んな遊びを提供できるのが、いい育児なんだ~って。

しかし、今回の鼻風邪による引きこもりライフは

  • 赤子がくれた休息時間
  • 「無理しなくていいよ」というメッセージ

だと解釈しました。

なので、「きょうはおうちでゆっくりしようね~」という日も大事にしようと思いました。

育児って奥が深い。

過去の関連記事(風邪&最近のぐずぐず) 

f:id:castella-tulip:20170201214853p:plain