読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

中期の離乳食作りに、ブラウンのハーブチョッパーが大活躍(産後7ヶ月)

ママの気持ち 赤ちゃんグッズ 育児関係 離乳食

みじん切り

中期の離乳食教室で、食材のサイズを5mm四方の薄切りにするよう教わりました。

赤子のことは大切です。でも、そんなみじん切りしたくない…(もう離乳食配給して…)と思いました。

  • 切る度にあっちこっちに飛び散りそうだし
  • 時間もかかりそう

です。

初期はブレンダーでガーッとペーストにすればOKだったので、余裕でした。中期になって、包丁ババァにならないといけないなんて…私にはお手上げです。

そこで、文明の利器を投入しました。

完璧

もともとブラウンのハンドブレンダーを使用していたので、みじん切りアタッチメントを購入しました。

フードプロセッサーかチョッパーか迷った結果、ハーブチョッパーにしました。かかったコストは、Amazonで3240円(税込)です。

最初は使用方法を誤り、食材を茹でてからチョッパーにかけてしまいました。すると、軟らか~く仕上がった野菜たちは、結局ペーストになってしまいました(そりゃそうだ…悲)。

食材をチョッパーにかけてから茹でれば、完璧です。「5mm四方の薄切り野菜、コレコレ、離乳食教室で見た感じ…!」とつぶやかずにはいられません。

3240円で買える幸せ、いただきです。

仕込み

食材のかたちは完璧になりますが、作動音はうるさいです。

日中は抱っこ虫なので、じっくりキッチンに滞在できません。なので、赤子が寝静まってから、離乳食作りをしています。

我が家は寝室が2階、キッチンが1階にあるので、遠慮なくガガッとやっています。もはや仕出し屋の仕込み工場です。

夫婦の食事作りも楽に

中期離乳食のためにチョッパーを購入しましたが、お陰で夫婦の食事作りもはかどるようになりました。

みじん切りをしなくて良いのは、けっこうありがたいです。

もう玉ねぎにだって、泣かされなくて良いのです。

ごきげんよう、硫化アリル(玉ねぎの刺激物質らしいです)。

参考:ハーブチョッパー(ブラウン)

ブラウン マルチクイック MR5550シリーズ・MQ500シリーズ対応 ハーブチョッパー HC-5000

ブラウン マルチクイック MR5550シリーズ・MQ500シリーズ対応 ハーブチョッパー HC-5000

 

 過去の関連記事(文明の利器最高系)

f:id:castella-tulip:20161225235019p:plain