読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

乳牛の気持ちが分かる

出産前→牛がかわいそう

私は牧場が大好きです。牧場に遊びにいくと、ほぼ100%牛の乳搾り体験コーナーがあります。

そのような体験がなくても、搾乳機をつけている乳牛を目にしたりします。

それを見ては「あんなにギュウギュウ乳を絞られて、痛くないのかしら。なんだかかわいそう…牛乳のために酷使されて…(テンション↓)」と思っていました。

現在→全然かわいそうじゃないじゃん

自分が母乳を出すようになって、そのモノの見方が誤っていることに気付きました。乳搾りされないと、胸が張って辛いんですね。

うちの赤子はロングスリーパーであり、夜間授乳がほとんどありません。朝起きると胸が石のようにカッチカチです。

寝顔をみながら「早く起きて乳を吸って~!!」と思うほど、辛いです。

だから乳牛も「もっと絞って〜、ジャンジャン絞って〜」と思っていたんだな、ギュウギュウ乳を絞ることが正義だったんだな、と学びました。

主観的なモノの見方

乳牛についてすらコレですから、世の中にはもっと自分が勘違いしていることがありふれているんだと思います。

幅広い経験の大切さを、乳牛から教えられました。

f:id:castella-tulip:20160826140346p:plain