読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

赤ちゃんって慈悲深いな、と思う(産後84日目.謎の発熱)

育児関係 産後の体調関係 ママの気持ち

朝からなんだか体調がすぐれない

産後84日目の昼頃から突然、ガンガンする頭痛におそわれました。朝はチャキチャキ動けて、赤子と遊んだり、夫のお弁当作りができていました。

頭痛を感じてからは、赤子と遊ぼうとしても笑顔になれず、体もしんどくなってきて無表情になってしまいました。

体があつい・関節も痛い

頭痛がひどくなると同時に、熱っぽくなってきました。ふらつくし、節々も痛い。私は基礎体力がないくせに体調を崩したり、熱を出した記憶がありません。

体調不良に不慣れなので、すぐに「悪い病気の始まりだったらどうしよう」と悲観的になり、「こどもの成長をこの目でみたいのに…」と死ぬ前提で様々な思いが交差し、悲劇のヒロインになりました。

とりあえずお熱チェック

38.8度からはじまって、すぐに39.3度まで上昇しました。これ以上あがったら何もできなくなると思い、用心に用心を重ねて、手短に沐浴し、何かの感染症だったらマズイので赤子にベタベタしないようにしました。

一緒に遊べなくてごめんね

沐浴が終わってからは、ついに動けなくなり、ソファで大人しく横になりました。赤子は「遊ぼう~」みたいな感じで、話しかけたり私をペチペチ叩くのに「ゴメン…ママちゃんは少し休まないといけないの…」と伝えて、目を閉じました。

赤子はいつも遊んでもらえないと、ぐずぐずするのに、その時はたまたまだったのか、私の腕に手を乗せたまま、一緒に眠ってくれました。

いつもなら夕方になるとワッと泣くのに、その日は眠り続けてくれました。

赤子は保育者の体調不良を察知できるのか

そんなこんなで、いつもならば日中は良く遊ぶ赤子なのに、ほとんどスヤスヤ眠って過ごしてくれました。

偶然かもしれませんが、空気読めるというか、慈悲深いというか、赤ちゃんは人間界に来たばっかりなだけで、精神性は神聖なゾーンにいるんだなぁという気がしました。

発熱の原因

結局、乳腺炎になりかけ状態(うつ乳?)によるものだったっぽいです。関節痛は、赤子が重くなって負担がかかっていたのが、熱によって一時悪化しただけのようです。

f:id:castella-tulip:20160804160316p:plain