読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

出産予定日、汗だくの前駆陣痛と常におしるし(妊娠40週0日)

妊婦の症状 妊婦の苦しみ

0-1時

前日からおしるしがあったので、いつ本陣痛がきても良いよう日付が変わるころに就寝しました。眠たくはなかったのですが、体力を温存しておこうという目論見でベッドへ行った感じです。
1時間程して腰痛と腹痛と足の付け根痛で覚醒しました。痛くて汗が止まりません。三箇所とも押さえつけながら、雑巾絞りされている感じです。
痛みで息を止めがちになりますが、なんとかフーと息を吐いてやり過ごしました。痛みの持続時間は30-60秒くらいです。

2時

15分おき程度の前駆陣痛に見舞われました。痛みは強かったですが、段々と強くはならないものでした。おしるし(薄茶色、粘性)は、何度もでます。

3-5時

前駆陣痛の頻度が下がって(0-3回/時 程度、持続時間は60秒程度)ウトウトできましたが、5時台に再び同じような前駆陣痛がやって来ました。トイレにいくと、おしるしが常に出ます。茶色の塊や血性のおしるしも出るようになりました。

それ以降〜22時頃

ちょうど日曜日だったので、夫は在宅でした。私は何もできず食欲も湧かず、ソファーで横になって前駆陣痛と適宜格闘しました。
前駆陣痛はだんだん辛いものになっていきましたが、胎動が普段と変わらなかったのは安心できました。
この頃から陣痛アプリが大活躍します。この時の前駆陣痛間隔はバラバラで、持続時間や痛みの強弱もバラバラでした。

22時頃〜

前駆陣痛の痛みが増強しました。夫とベッドに入って「アニメ ブラックジャック」を見ていましたが、何度かドロップアウトして痛みを呼吸法で逃しました。結局2話分を見たところで、私はベッドに居られずソファーへ移動しました。
ソファーに座った状態で呼吸法を行う方が、楽だったのです。
翌日へ続きます。

過去の関連記事(陣痛アプリ関係)

 

f:id:castella-tulip:20160512214109p:plain