読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

腰および仙骨から尾骨が痛くて辛い(妊娠38週)

妊婦の症状 妊婦の苦しみ

お腹が大きい+前駆陣痛で、腰まわりの負荷がすごい

私は、少し腹囲や子宮底長が平均より大きめです。妊娠38週の時点で

  • 腹囲 92cm
  • 子宮底長 36cm

です。ちなみに、腹囲には基準値というものはありません(医学的に胎児や妊娠の経過との相関を示す指標にならないため)。

子宮底長は、凡その基準値があります。妊娠10ヶ月だと32~34cmです。

子宮底長の短・長が示すもの

エコーで異常がなければ問題視されませんが、

  • 短い場合→羊水過小・胎児ちいさめ
  • 長い場合→羊水過多・巨大児・前置胎盤

の疑いがあるとされています。

妊婦帯やベルトは使用せず

なにか目的があって、お腹を保持するものを使用していないわけではありません。妊婦帯を選んだり、巻くのが面倒で使用していません…。

やはりあった方が、楽なのでしょうか。夫から「なんだか左の肩が下がってるような感じがするよ」と言われたことがあるので、骨盤が歪んでいるのかもしれません。

そう思うと、骨盤の負荷を最小にし、痛みを軽減させるための対策を講じたほうが良かったなぁと、これまでの妊娠生活を振り返って思います。

産後、がんばるしかない

今更お腹を保持したところで無駄な抵抗だと思うので、産後は骨盤矯正できるよう運動やストレッチ等やっていこうと思います。近所に産後の骨盤矯正に力を入れている整骨院があるので、そういうのも調べてみたいなぁと思います。

f:id:castella-tulip:20160427011552p:plain