読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

前駆陣痛(妊娠38週)

妊婦の症状 妊婦の苦しみ

夜より朝・昼に見舞われる率が高い

私の場合、前駆陣痛の出現は昼間が圧倒的に多いです。40分~60分サイクルで1回やってきます。

酷いときは「分娩が始まったのでは」と思うほど頻回で、10分おきにギュギュっと痛む時もあります。

逆に楽な時は、1日中痛みません。

痛みの持続時間もバラつきがかなり大きいです。10分で軽快する時もあれば、1時間以上ずっと張り続け、痛み続ける鬼のような時もあります。

お腹が張って痛い時と、そうじゃない時の落差がすごい

痛みがある時は、とにかくソファで横になっています。時計を見たり、少しスマホをいじったり、目を閉じて深呼吸してみたり…と、自分なりにやり過ごすのみです。

痛みが解けると嘘みたいに普通に動けるので、その度に感動します。そして「痛くないうちに…」とアレコレ活動を始めます。

私は妊娠してから、とにかくダラダラ過ごしてきました。前駆陣痛のお陰で生活にメリハリがついている節があります。

痛みが朝から夕方まで抜けない日は「今日はパジャマの日」と早々に腹を括って、ベッドでユックリしています。

痛みは三重奏

もともと生理痛持ちで、生理初日や2日目は鎮痛剤のお世話になっていました。前駆陣痛は生理痛に似ているので、なんとなく懐かしい痛みです。

腰がずっしり痛くて、お腹がツーンとチクチク痛くて、子宮が雑巾絞りされているような感じで…あぁ~辛い。。。

f:id:castella-tulip:20160426235112p:plain