読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

帝王切開の覚悟をしていたのに、逆子がなおり今度は経膣分娩が怖くなる(妊娠32週)

妊婦の苦しみ

妊婦健診で「頭位になってるね」

32週の妊婦健診でエコーのときに、下の方に頭がきているなぁと思いました。エコーが終わったら医師より「2週間前は逆子って言われましたよね?頭位になってますね」と。

逆子体操や、寝姿勢の調整はしていなかったので、自然に逆子がなおったようです。

手術室の予約はキャンセルとなる

2週間前の妊婦健診では、37週5日に予定帝王切開ができるように、手術室を予約してくれていました。逆子がなおったことで、キャンセルになりました。

また、逆子になったら?

あっさりと、「その時点で、緊急オペしちゃいましょ、うん。」と言われました(恐怖)。

分娩予定の病院では、緊急帝王切開は全身麻酔になります。結局、予定でも緊急でも怖いことに変わりありませんが、「緊急」という響きがさらに恐怖を倍増させます。

なぜ帝王切開は、予定日より早めに実行されるか

分娩予定日に近いほど、つまり子宮が伸びるほど子宮壁は薄くなります。

子宮壁が薄くなってメスを入れると、次回妊娠時に子宮破裂のリスクが高まります。そこで子宮壁が薄くならないうちに、正期産(37週以降)に入ったら予定帝王切開が組まれることが多いです。

帝王切開での分娩は、3回程度が限界のケースが多いようですが、個人差が大きいので一概に言えません。

子宮破裂は重篤かつ予後不良になることが多いです。出血量などの条件によって、母子ともに死亡する確立が高いとされています。

呼吸法の練習をしていないことに気づく

経膣分娩では、いきみを逃したり酸素をうまく取り入れる呼吸を意識したりと、呼吸法が大切です。今まで予定帝王切開の気分でいたので、まったく意識していませんでした。

気持ちを入れ替えて、事前学習しておこうと思います。

過去の関連記事(帝王切開を恐れる系)

 

f:id:castella-tulip:20160315214147p:plain