読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻ママブログ

妊娠・出産・育児を中心に書いています。2014年に入籍。2015年に妊娠&退職(看護師)。2016年5月に33歳で男児を出産しました。

マタニティパジャマ購入(妊娠31週)

マタニティパジャマの春物を待っていた

私の出産予定日は帝王切開なら4月末、経膣分娩なら5月初旬です。マタニティパジャマ選びのコツは、初期母親学級で助産師さんより

  • 病棟は暖かいので薄手が良い
  • 悪露や母乳で汚れることがあるので、濃い色合いのものが良い
  • 前開きでボタンが沢山ついているものが授乳しやすい

とお聞きしていました。

年末からマタニティパジャマは検索しましたが、時期的に厚手のものが多く買い控えていました。3月に入ると春物が出てきたので、お値段重視で選びました。

f:id:castella-tulip:20160307195717p:plain

 かかったコスト

西松屋で3枚購入し、税込・送料無料で8899円でした(ポイント38円使用)。助産師さんのアドバイスを忠実に守り、全て暗色で揃えました(笑)。

  • [EDM]授乳口付ボーダー×無地切り替えパジャマ(M・ネイビー)2979円
  • [EDM]授乳口付小花プリントパジャマ(M・ネイビー)2979円
  • [EDM]授乳口付しじら織パジャマ(M・ネイビー)2979円(上の写真の右手です)

すべて授乳口もついていました。授乳に慣れればそこからおっぱいを出せるので、便利そうです。

関連記事(マタニティパジャマ関係)

関連記事(西松屋関係)